腰痛グキ解消ブログ

腰痛のあなたのために腰痛解消の対策を柔道整復師・鍼灸師の神保さんが書きまくっているブログ

腰痛対策

腰痛対策でかなり大事な臀部の筋肉

投稿日:

物事は結果でなく、原因の方を改善すると効率がよいです。

朝おきれないなら、夜はやく寝る、とかね。

 

腰痛、というと腰にばかり注目しますが、体幹や臀部の方にこそ腰痛の原因があることが多いです。

腰痛でも、腰ばかりもんでいても良くならないのは、痛くなってる原因が腰でない事だったりしますね。

 

それに、ふだんよく意識して動かす場所や、目につく場所はわかりやすいですが、普段見ないし動かしても意識していない場所はわかりにくくなってます。

 

臀部の筋肉は、歩いたり踏ん張ったりする時に必ず使う最重要な筋肉なんですが、ジムで行われているウエイトトレーニングでも、腕や胸筋はみんなやってますがお尻はやらない人もいますからね。

人気のないトレーニング部位でもあります。

 

お年寄りになると、おしりの筋肉がゲッソリ落ちてしまい、歩くのにもフラフラしてる人が多くなります。

生物として重要な筋肉なので、歩くとかスクワットはずっと続ける事をオススメします。

 

 

腰痛対策としても重要です。

臀部の筋肉と骨盤の関節がスムーズに動くことで、上半身を支えつつ移動ができるのですが、ここの筋肉が堅すぎたり、支えられないくらい弱かったりすると、背中や足、腰の筋肉が負担をかばって痛めることになります。

 

この殿筋、何層かにわかれています。

まず、大殿筋・中殿筋・小殿筋の3つ。

あとは梨状筋という股関節と仙骨を補助する筋肉があります。

このなかで中殿筋と梨状筋は姿勢を保つのに、骨などを引っ張って土台の役割をがんばってつとめています。

 

この2つが限界をこえて疲労してしまうと、バランスが崩れて腰痛になりやすくなります。

 

腰痛の施術で狙う場所ですね、多裂筋と同列くらいにひんぱんに狙う所です。

中殿筋のくっつく骨盤のへりの部分とか、梨状筋の仙骨よりの部分なんぞをハリ治療するとビンビン響きます。

凝り固まった筋膜がゆるんでくるとウソみたいに動きやすくなるので、ハリを打つ方としてもやりがいある場所になっております。

 

 

ちなみに、ハリで凝り固まっている筋膜をスコンと突き抜けると「ズーン」とした感覚を味わいます。

それは「ハリのひびき」といって、筋肉の圧迫がへり血行が良くなるし、痛みも軽減するサインです。

いやがる人もいるので、そんな時は筋膜をゆっくり抜くようにします、そうするとヒビキが起きにくいです。

なれた鍼灸師なら自在にヒビかす事ができるので、興味があればお願いしてもいいかもです。

 

 

殿筋と腸腰筋が綱引きしているような骨盤回りでして、殿筋の柔軟性が大切なんですね。

かるく張ってる方ならストレッチを、すごい人ならテニスボールを、運動不足の方ならウオーキングとスクワットをしましょう。

臀部の筋は体積が大きいので、強化することでパワーと血行を増やせます。

ぜひ強化・柔軟性向上をしていきましょう!

 

 

hitotume

スポンサードリンク


hitotume

スポンサードリンク


-腰痛対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【ヘルニア対策】つらいヘルニアの腰痛対策ストレッチ体操を書く【保存版】

どうも、神保です。   先日、ヘルニア持ちの新規患者Aさんの腰痛を施術して、帰り際に腰痛体操を指導したんですね。 その時にAさんから 『腰痛体操は病院でも習って、半年やったけど効果なかったよ …

10代の人が、なりやすい腰痛について書く

都会と地方は差がありまして、人数だとか景気だとか色々大きく変わります。   自分は北関東の出身なんですが、都会ではありえない事がおきます。 信じられないくらいおいしくないラーメン屋が、地域に …

手術をしないでヘルニアの痛みを減らす方法を書く

最近、ちくわの美味さに気づきました。 なんかもう、色々とオッサンなんだと痛感します。   さて、そんなオッサンな神保さんですが、腰痛にはチョット詳しいので、今回はヘルニアの痛みを手術をしない …

骨盤と頚椎がセットで腰痛に関連がある、という話

しくみが分からなくても使えるもの、って結構あると思います。   テレビの構造は、あいかわらずわかりませんが、使い方はわかります。 最近はテレビでyoutubeを見られるようにもなりました。 …

朝おきての腰痛の原因と対処法を書く

腰痛で、中腰で動いた時には明らかに原因はわかる。 でも、原因がわからなくて腰痛になることが時折あります。   特に、朝おきてなんか知らないが腰が痛い、というもの。 これには、理由があります。 …