腰痛グキ解消ブログ

腰痛のあなたのために腰痛解消の対策を柔道整復師・鍼灸師の神保さんが書きまくっているブログ

肩・首・手首など他の場所対策

後頭部のコリを解消して頭痛や気持ち悪さを減らそう

投稿日:2018-03-03 更新日:

今日も色んな人に施術しまくってきた神保です。

気温がまだまだ低い最近の傾向として、首や肩の不調を訴える方が多いですね。

今日も首や肩のツラい方が沢山いらっしゃいました。

 

首・肩とひとくくりにしていますが、この2つは関連が強いです。

いろんな関連があるのですが、冬のシーズンですと首の筋肉の血行不良がいろいろな問題の原因となるケースが多いです。

そんな訳で、今回は首のコリやすいポイントと解消法を書いていきます。

 

まずは「後頭下筋群」です。

タイトルにも持ってきたのですが、頭と首の境目にあります。

後ろ頭を触ってもらって、そのまま首の方まで下りてきます。

ちょうど境目にきたら、そこの奥に後頭下筋群はあります。

このシーズンの現代人は、めっちゃ固い人が多いです、寒さだったり年度末だったり受験だったりでみんなカチカチです。

ここが固いと首を動かすのが軒並みやりづらいです。

 

解消法としては。

指で5~10秒じんわり押してゆっくり数秒かけて抜く、の繰り返しでほぐす。

角の丸い積み木みたいなものを後頭下筋群にあてて、あおむけに寝て、積み木に1分くらい体重をかけてほぐしていく、というのもあります。

ほかには、ソフトだけどほぐせる専用の器具があるので、それを使うのもいいです。
スピードコリほぐし【磁気ネックストレッチャー】

 

次は「肩甲挙筋」です。

肩甲骨の内側の上の端~首の骨の一番上から4番目までの横、についている筋肉です。

この筋肉も冬場はコリコリになるんですよね。

 

肩こったな~ってなった時に肩さわるじゃないですか、そのさわる所です。

さっきの5~10秒押してゆるめるのも使えますが、肩甲挙筋はストレッチもできます。

 

ちょっとコツがいりますが伸ばせます。

 

たとえば右の肩甲挙筋を伸ばす、とします。

①まず右を振り向きます。

②左前方に首をかしげます

③左手で頭に手を置き、おもり代わりにします。

④そのまま30秒~90秒ほどストレッチします。

 

これを左右してみるとかなりラクになります。

首を押す道具を使うと、手軽にツラい肩のコリが解消できるので、生活上のマイナスが一つ減りますよ。
スピードコリほぐし【磁気ネックストレッチャー】

 

あとは「胸鎖乳突筋」と「斜角筋」です。

この2つは、首の前の方に付いています。

 

ザックリですが、耳~ノドのラインが胸鎖乳突筋・耳~鎖骨のラインが斜角筋、です。

太さ、大きさ的にチクワをイメージしていただけるといいです。

 

そのチクワを親指と人差し指で、コリがゆるむまでじっくりつまんで下さい。

胸鎖乳突筋・斜角筋はつまんでほぐすのが手っ取り早いです。

斜角筋は、奥の方にあるので探りながらつまんでください。

強さはイタ気持ちいいくらいがおすすめです。

 

ある程度のコリなら、上記のやり方で十分ラクにできます。

出来ないものでしたら、専門家にやってもらった方が手っ取り早いですので、近所の治療院を検索してみてください。

 

とくに鍼灸がおすすめです、あっという間に筋膜の癒着を取り、つらさも取ってくれます。

 

首回りがコリコリだと、本当につらいですよね。

今回の事を参考に、コリを解消して頂ければと思います。

hitotume

スポンサードリンク


hitotume

スポンサードリンク


-肩・首・手首など他の場所対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ストレートネック、傾向と対策

ストレートネック、なんとかしたい現代病の1つですよね。 寝られない、集中出来ないから仕事つらい、とか15年前位からワシワシ増えてる感じがします。 ちょうどパソコンが普及し始め、携帯→スマホの流れもあり …

腰痛とも関連が強い「首の痛み」の原因と対処法を書く

先日、首と骨盤の関連の記事を書きました。   腰の痛みもつらいですが、首の異常・痛みは、 「頭痛」「集中できない」「目がかすみやすい」「耳が聞こえずらい」 などの日常生活を快適に送れなくなる …