腰痛グキ解消ブログ

腰痛のあなたのために腰痛解消の対策を柔道整復師・鍼灸師の神保さんが書きまくっているブログ

腰が痛くて休日寝て過ごした。

足までシビレや痛みがいつもあって、ずっとツラい。

腰痛はささやかな日常のジャマをしてきます。

そんな困った腰痛ですが、解消する方法は、あります。

しかし、それを知る方法にアクセスするのは困難です。


 

はじめまして。

【柔道整復師】・【鍼灸師】の国家資格を持つ神保と申します。

 

過去、自分もあなたと同じ普通の腰痛もちで困っていました。

いろんな病院、いろんな治療院に行きました。

ほとんどが効果が無かったですが、数少ない場所で『本当の治療』を受けることが出来ました。

その後、治療家を目指し、腰痛を治す方になりました。

 

この間、十数年たちました。

しかし、腰痛についての認識はそれほど変わっていません。

「神経根テスト」も行わないで、ヘルニアの判断をくだす治療家がまだいる事からわかります。

 

 

「腰痛の解決法」はありますが、「公開されると色々困る」方々がいます。
なので、あちこちで紹介されている内容がちぐはぐなんです。

 

・腰を温めろ
・腰を冷やせ
・カラダを前屈しろ
・いや後屈しろ
・手術しか治らない
・注射で治しましょう
・年のせいなので良くなりません

 

どれが本当なのかわかりませんよね?

自分も分からなかったです。

 

それについては簡単な話で。

腰痛にはたくさんの種類があって、種類ごとに治療法がある

…のです。

腰痛の種類の中で
「ふだんの運動や仕事で腰に負担かけるタイプ」
「慢性的に腰に不安があるタイプ」
は、セルフケアが有効になります。

 



ホッタタブ重炭酸湯
『腰痛対策敷布団・雲のやすらぎプレミアム』

「ふだんの運動や仕事で腰に負担かけるタイプ」に有効。
睡眠時間で確実に腰を回復させるためにマットレスも特化したものを使いましょう。

『重炭酸ホットタブ』

「慢性的に腰に不安があるタイプ」はこちら。
レアな泉質の重炭酸浴が自宅でできます。
この商品の代用品は無いので貴重。

 

腰痛の方は日本だけでも1300万人!

このサイトで引用するデータや数値は、厚生労働省や海外の論文から引用しています。

エビデンスが高い水準にある内容を提供するよう、情報源からソースを引っ張りまくってます。

平成28年の厚生労働省の統計で

自分のカラダに怪我や病気の自覚症状のある国民(※熊本県民除く)が何の症状か、というデータがある

平成28年国民生活基礎調査の概要

男では一位の症状に腰痛、二位肩こり

人口千対の換算で91.8 57.0(※症状のある千人の内、91.8人が腰痛の自覚があるという事)

女、一位肩こり 二位腰痛

117.5 115.5

 

男女足して2で割る=103.65

総人口は1億2693万3千人

※日本人人口は1億2502万人

 

総人口割る千×103.65=13156605.5

1300万人は腰痛の自覚がある、って事です。

 

【どっかのサイトで見た腰痛患者2800万人って、どっから数字もってきたのか不明だわ~
世間様に出すなら、せめて厚労省のデータを引用してくんないかなぁ、と、個人的に思う。】

 

 

子供の腰痛が増えている!

パソコンやプリンターが普及すると同時に、A4用紙がスタンダードになりました。

B5の質が悪くて軽い紙でなく、質が良くて重たいA4のプリントが増えてます。

 

平成になって『ゆとり教育』が行われ、学力低下など弊害があったため詰め込み教育が復活しました。

そのため、教科書が重くなり、重くなったランドセルが子供のカラダに負担をかけています。

 

体重の半分以上の重さのランドセルを、毎日持って行かないといけない子供達。

親としても、腰痛にならない対策をしてあげたいですね。

 

 

腰痛解消の3つの要素

腰痛解消には【悪化を防ぐ】【回復させる】【再発防止】が必要になります。

むしろ、この3つを守れば腰痛に対処できます。

 

これには、腰痛の種類の見極めないといけません。

腰痛の種類によって、対応が異なります。

 

なので、あの人には効果があったが私には効かなかった…
という事がおこります。

 

腰痛のセルフケアにオススメ【マットレスと入浴剤】

ギックリ腰などの急性腰痛は、早急に治療機関に行った方が早くなおります。

長くかかっている慢性的な腰痛には、それにプラスしてセルフケアが必要になります。

 

・血行を良くする
・自己回復力を高める

ことが欠かせません。

 

睡眠時間を質の良いものにする、腰の血行を促進させる。

腰痛の回復の助けになります。

骨盤矯正で反り腰やつらい腰痛を解消する!

腰痛は、筋肉以外にも原因があります。

 

『仙腸関節』や『腰椎』『胸椎』『頚椎』…

位置異常で神経や血管を圧迫して、血行不良やシビレの一因になります。

 

それらの関節は、自然に動いてバランスを取っています。
筋肉がこわばったり、足を組むなどのクセでゆがんだり、ずれたりします。

 

ある程度なら、動いているうちに元におさまりますが、戻らない部分もあります。

そうすると、そこが起点になり全体のバランスの悪化をまねきます。

 

骨格の位置異常は、プロにまかせるのがオススメです。

特に問題がなくても30歳を過ぎたら、月に一回くらいは骨格の調整ができると動きやすいカラダをキープできます。

 

接骨院や整体での骨盤矯正の値段の相場

施術にかかる金額は、都内や地方で差があります。

 

地方なら数百円で全身のケアをしてくれる接骨院がありますが、都内だと500円から1500円ほどかかります。

これに初診料が1000~2000円かかります。

 

整体院や鍼灸ですと、平均して
地方3500円・都内5000円 くらいです。

初診料が1000~3000円かかる所が多いですね。

 

これより安ければ「お得」なんですが、腕の良し悪しとはまた別です。

ちゃんと評判をしらべてから行きましょう。

知人からの口コミで良い治療院があれば、まずそちらに行ってみましょう。

 

 

このサイトには、『腰痛を解消するヒント』
(ネット上でも表現が限られるので、この文章が精一杯)
を大量にお伝えしています。

ぜひ参考にしてください。

 

投稿日:2018-11-26 更新日:

執筆者: