腰痛グキ解消ブログ

腰痛のあなたのために腰痛解消の対策を柔道整復師・鍼灸師の神保さんが書きまくっているブログ

腰痛についての知識

腰痛は原因不明?

投稿日:2017-09-06 更新日:

どうも、神保です。

同僚が剣術をやっていて、身体操作をみせてくれたのですが興味深い動きでした。

日本刀を携帯して日常を送る侍が、カカトから動く動作をしていたら現代では考えられない動きもできたんじゃないか、と思いました。

 

さて、今回は腰痛の原因がわからない問題をクローズアップしてみたいと思います。

今回は内容の都合上、結論は結論にあります。

 

日本の多くの医師の見解やネットなどで『腰痛の85%は原因不明』との意見が多数をしめております。

ここで注目したいのが、現代日本で多くの医師が疾患を判断するのは何によるか、です。

ご存知の方も多いですが、『画像』や血液などの『検査結果』で判断します。

たまに心音や肺の音を聴いてくれたり舌をみてくれたりお腹を触診したり、まれに脈をみてくれたりします。

ここ数年は、患者の方を向かずにパソコンへ問診を入力し、診断し薬剤を処方してくれる医師が多いですね。

触診や動作してもらうなどは、時間がないから出来ないです。

 

一方、柔整師やはりきゅう師、整体師はレントゲンやCT、MRIなどは医師にお願いしないとみられないので、疾患を判断するのは触診やテスト法、神経反射や知覚検査、問診、脈診など触る事と聞くこと、皮膚の色、においなどです。

人間の五感はすごいもので、くりかえし訓練することで精度を上げることができます。

両足の筋肉の緊張などもさわって違いがわかったり、皮膚の下の骨を触り脱臼した部分を判断しはめこむとか、つぼの正確な位置を指の感覚だけでとらえる方は柔整師、しんきゅう師、あんまマッサージ指圧師などの資格者でしたら普通にいます。

一般の方では、それをするのはむずかしいでしょう。

画像でなく血液検査でなく判断するので、腰痛などの疾患の異常を見つけられる方も少なくないです。

どっちが優劣だとかでなく、判断方法がちがう、という事です。

画像ではわからなくても血液検査にでなくても、筋肉の緊張が異常だとか、関節が動かない逆に動きすぎるなど異常はありますし判断は可能です。

 

ヘルニアとは、ざっくり説明しますと、おもに腰椎のクッション材が飛び出して神経・血管を押し付けて炎症がおこったものを言います。

画像で飛び出すのはわかります、派手に炎症をおこしているケースもわかります。

画像で飛び出しています、でも神経の炎症はないです、神経の圧迫されている場所の上の腰(神経の圧迫の影響がない部位と思ってくれい)が痛いです。

となると『原因不明』になります、「ヘルニア」で通す方もいます。

 

自分らは触診や問診して、どこが痛いのか、どうしたら痛いのか、いつから痛いのか、しつこく聴きます。

その上で特定の動作で痛みを再現させる『テスト法』を行い、原因を限定します。

限定したら、あとはそこに有効な施術をするだけです。

 

ですが、すべて痛みをとり治癒までもっていけるケースばかりではありません。

自分の数十年施術してきた中では、骨が潰れていて動かせないケースや、骨にガンなどがあるケースなど施術が出来なかったり、手術でないと無理なケースが約4%いらっしゃいました。

その時は病院に連絡を入れて、紹介状を書きました。

治せないのに治せる、と告げるのはルール違反だと思っています。

来ていただいた以上は、その方にとって良い提案をしてあげるのが務めだと思っているので、治せなかったら治せる所を紹介します。

 

原因不明も、確認の手順を増やせば明らかになるんじゃね?

注射や手術以外の治療方法も認めた方がよくない?

などと僭越ながら思うわけです。

 

いろいろ書きましたが、いろんな所に行って、自分に合う所をみつけましょうー!

ではまた。

hitotume

スポンサードリンク


hitotume

スポンサードリンク


-腰痛についての知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

痛み止めの効かないレベルの腰痛について

どうも、神保です。 先日、息子にはとバスのミニカーを買い与えましたが、なんと無駄遣いが嫌いな嫁さんがミニカーをねだったのでしぶしぶ買い与えました。 長年生きていると不思議なことが起こります。 &nbs …

腰痛の代名詞ヘルニアの知識と対策を書いてみる(後編)

どうも、神保です。 ヘルニア対策記事続編です。 まず、前回の記事のまとめを3行で書きます。 ・ヘルニア=飛び出すの意 ・神経を圧迫し炎症がおきて痛み痺れが出現 ・炎症無くなれば症状出ず   …

腰痛になったらまず何したらいい?

どうも、柔整師・鍼灸師の神保です。   今回は腰痛ブログらしい題材です。   そもそも、すごい腰痛になったらまずどうするか? 腰痛に対抗する最重要ポイント、でもあります。 &nbs …

腰痛で痛いのは、たいてい多裂筋。

だいたいのモノにはパターンがあります。   ガンダムは中盤になると機体を乗り換えるし、ウルトラマンは一回ピンチになってから反撃して勝利します。   腰痛にもパターンがあります。 人 …

no image

腰痛になったら、あっためる?冷やす?(前編)

どうも、神保です。 「チャレンジミッケ」という遊べる絵本を読んだのですが、面白いですね。 アイ〇ンマンみたいな人形が全部のページに出てくるのですが、最後に見つけた時に強烈なアハ体験が出来ました。 日常 …