腰痛グキ解消ブログ

腰痛のあなたのために腰痛解消の対策を柔道整復師・鍼灸師の神保さんが書きまくっているブログ

その他

腱や靭帯の強化法はある?

投稿日:2018-01-04 更新日:

一昔前、中枢神経は再生しないのが「常識」でした。

今は少しづつですが再生する、とされています。

 

この「常識」というモノは厄介でして、たいていの方は疑いもしないで信じてしまいます。

昔は天動説、数年前はマイナスイオン。

調べた裏付けがないモノは確かめてから信じたいものです。

 

今回はそんな変わりつつある常識の1つ

「靭帯・腱の再生と強化」

について書いていきます。

 

まず、靭帯・腱のざっくりとした説明から書きます。

この靭帯・腱って普段は意識しないですが、カラダを動かす時に重要な働きをしてます。

物をつかむ、立つ、スマホをいじる等の動作をする時に筋肉を支えています。

 

靭帯が骨と骨をつなぎ土台の役割をします。

で、腱が骨と筋肉をつなぎ、筋肉の動きを骨に伝えてカラダを動かしています。

ただ筋肉がたくさんあればいい、ってモノじゃないわけです。

 

で、今までの常識としては「靭帯・腱は再生しない」とされています。

 

ホントでしょうかね?

 

もし再生しないならば、足首の捻挫をしたらもう二度と治らないわけです。

足首捻挫で損傷しやすい前距腓靭帯が回復しないとしたら、柔道はできなくなります。

3~4日炎症をとる処置をして2~3週間は固定、あと2週間ほど後療法をしたらしっかり動けます。

 

これが出来てる時点で「靭帯・腱は再生しない」はハズレです。

 

まぁ、切り傷や打撲にくらべれば厄介ではあります。

基本、血流が無い、もしくはとても少ない場所なので、大きく壊れると回復しきれない場合もあります。

場所によっては糸でぬってくっ付ける必要もあります。

 

血流があれば、そこは基本回復できます。

腱は筋肉側と表面に血管がきてます、少ないですが。

靭帯にかんしては無い、はずです、なので血流を使わない回復法でなおしてるんじゃないかと思います。

※それの裏付けは無いです、のちのち見つけたら追記します。

ただ、靭帯・腱の回復で「固定」つまり切れた所をよせてくっ付けておく作業が必要なんです。

だいたい3週間。

繊維がからむのか、小人さんがなんかしてくれているのか、とにかく時間が必要です。

そこが重要なんですが、資料とか見つかんなかったです、探しておきます。

 

で、ですね。

腱は、筋肉と骨の橋みたいなもんでして、筋肉の強化と比例してくっついてる腱も強くなり切れにくくなります。

靭帯も、近い場所の筋肉を強化することで強くなることがわかっています。

「動いて回復」できるわけです。

 

余談ですが。

ずーっとギプス固定とかで長いこと動かさないでいると、筋肉も靭帯・腱も弱り切れやすくなり、骨密度も低下していきます。

使わないでいると「使えなく」なっていきます。

 

それから、靭帯・腱はコラーゲンでできてます。

なので、その場所にコラーゲンを送ってやれば回復も良くなります。

 

でもコラーゲン自体を食べても「アミノ酸」となって吸収されるのでちょいと違います。

コラーゲン作りに必要なものは

「たんぱく質」

「ビタミン」

「水分」

なので、これらを効果的に食べましょう。

特にビタミンの中でビタミンCは、すぐどこかに行っちゃうので3~4時間おきに摂取してあげるといいです。

イチゴとかハマナスとか、もりもり食べて下さい。

 

 

なんか書いててこんがらがって来ちゃいましたが。

結論

靭帯・腱はそこそこ再生する。

 

今後、もっと発見があると思います。

ほんとカラダはブラックボックス多すぎでしょ。

hitotume

スポンサードリンク


hitotume

スポンサードリンク


-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

腰痛症ってどんな意味?

どうも、神保です。   今日職場で、街の中華屋さんの価値について激しく討論する機会がありました。 若いころは無関心でしたが、今は目で探してしまうようになりました。 おっさんになるにつれて中華 …

no image

いい治療家の見つけ方

どうも、神保です、このところ暑さにやられ気味です。   さて、先日ちょっと触れましたが、そもそも、いい治療家をどう探すかという問題があります。 都市部より人口の少ない地方とかだと、結構簡単だ …

親指の使いすぎの痛みの対策をすべて書く

職業病、ってのがあります。 トラック運転手なら腰や首を痛めやすいですし、ピアノ演奏者なら手首やひじ、美容師なら手が荒れたり手首を痛めたりしやすいです。   職業別での対策を書くのも興味深いの …

軟骨は再生しない、という話

どうも、神保です。   情報社会というものは素晴らしいもので、地球の裏側の国の論文がすぐに読めたり、名古屋の印刷所に原稿をデータで送り製本してもらえたりします。 そのかわり、手に入る情報がと …

骨の強化法を知ってる限りすべて書く

去年のクリスマスに、ケンタ〇キーにチキンを買いに行ったんですね。   いつも混んでない店内がギュウギュウのギチギチでして、人でごった返していました。 そんな中を予約注文している自分は、ノータ …